脱毛ラボ VIO+お腹と胸の感想

・・・・やさぐれております。

 

どうも、こんにちは。
ワタクシ、ただいま盛大にやさぐれております。
恥ずかしさがピークに達して、一周回って、へそ曲げて戻ってきた、そんな感じで。

 

ま!
誰のせいでもなく、自分の責任なんですけどね!
今回もまた、自己処理の甘さを指摘されたという・・・・うぅうう(涙目)。

 

 

 

はい。
そんなわけで、今回は満を持してのVIO+お腹と胸です。
だけど気分は、VIOメイン。VIOの施術のことばっかり考えてます。
もちろん自己処理も、前日までにばっちり済ませましたよ!

 

が!
上記にも書いたように、今回もまたしても自己処理の甘さを指摘されまして。
恥ずかしい部分(ありていに言えばOゾーン)をぱっくり御開帳されてシェービングしていただきました。

 

もう!その恥ずかしさと言ったら!!
恥の多い人生を歩んできましたが、その中でもトップレベルの恥ずかしさ。
めまいがするほどの恥ずかしさでした。
全裸でしたからね!全裸の状態でさらに開かれちゃうんですからね!
穴があったら隠れたいというか、穴の部分を隠したいというか・・・・(下品ですみません)。

 

 

そう、「全裸」、だったのです。
ネットで探して読みまくった脱毛体験談では、
「VIO施術の際は紙パンツを着用して、紙パンツをめくるように照射」というのが多かったし、
「バストの施術の時はバストトップに保護シールを貼られる」とか書いてあったのですが、
『脱毛ラボ』では紙パンツも保護シールもなく、全裸。

 

もちろん施術前にはいつも通り巻きタオル型のバスローブを着用したんですけどね、
けれど、施術が始まると同時にタオルのボタンを外されて、すぐに全裸状態になりましたよ。
人間はパンツをはいてないことをここまで心細く感じるものなのか、と。
妙なことに気付いて関心しちゃいました。

 

 

そんな心もとない状態で、施術は始まります。
まずはうつぶせでOゾーンの施術。
その後、あおむけになってVIと上半身をエステティシャンが2人がかりで同時進行します。

 

同時進行されると、施術時間は短縮されるけど、
VIもバストも人目にさらされた状態になるので、恥ずかしさ倍増。
私は「どっちか片方ずつにして欲しい」とか思いましたけど、
いやいやこれって、仕事帰りにちゃちゃっと施術を受けたい人にとってはありがたいのでは?

 

何しろ、『脱毛ラボ』の施術時間は短いのです。
クールダウンタイムはきちんとあるのに、お店に入ってから出るまでに40分足らず。
この間に、着替えして施術(VIO+上半身)して、次回の予約確認までしてるんですからね。
かなり、早いです。

 

 

でも早いからといって、施術が雑ということはありません。
むしろ丁寧なんじゃないかな、と。
丁寧さがお肌への優しさに結びついている感じがします。

 

これはシェービングの時にも感じたことなのですが、『脱毛ラボ』はとにかくお肌に優しい。
正直、きちんと自己処理をして施術に挑んでも、
自己処理の甘さを指摘されてシェービングされることは多いです。
私なんて、毎回のようにシェービングをお願いしちゃっている状態ですし。

 

これに対して「ちょっと厳しいんじゃない?」なんて考えたりもしましたが、
そもそもその厳しさは私の肌を守るためでもあるわけで。
黒い光に反応する光をお肌に照射するのに、ムダ毛が残ったままだととっても危険。
やけどしかねませんから。

 

 

そして一番の優しさは、痛みが全くないこと!
ずーっと前に両ワキを施術した時は、施術1〜3回目あたりまでは痛みがありました。
それはお肌の表面をゴムで弾かれるような痛みで、
皮ふの柔らかい部分を施術される時は歯を食いしばることもあったくらい。

 

どうやら「ムダ毛が濃い(太い)部分は他のパーツに比べて痛みが強い」
というのは当たり前のことのようなので、もちろん今回の施術も覚悟していました。
VIOなんて、お肌が弱い部分の代表格ですからね。

 

で!も!まーったく痛みはありませんでした。
照射されても、「あれ?あったかい?・・・かな?」と感じるくらい。

 

 

そうして痛みも熱さも感じない施術が終了したら、
VIO部分には生理ナプキンみたいな状態で冷たいタオルを当てられて、クールダウン。
次いで上半身の施術も終了して、クールダウン。

 

10分くらいのクールダウンの後は、
エステティシャンが施術部分にアルコール入りのジェルローションを塗ってくださって、
これで施術が一通り終了。
ちなみにこのローションを塗る前には、
「前回ローションを塗った後に異常はありませんでしたか?」と確認をされました。
お肌に優しいよ、脱毛ラボ!

 

最後に受付で会員カードを受け取って、次回の予約を入れました。
相変わらず予約は埋まり気味みたいでしたが、
こちらから候補を3つくらい挙げたら、そのうちの1つがヒット。
お店に行く前には、あらかじめその月の予定を頭に入れたおいた方がいいかもしれませんね。